スイカのむくみ解消成分が魅力的すぎ。こんだけ食べて太らないの何故

SPONSORED LINK

夏の時期、あたりまえのように食べていたスイカ
実はめぐりをよくしてくれるありがたい成分が詰まった果物なのを知っていますか?

とくに女性が喜ぶ栄養価がたっぷり♪

今回はそんなスイカの魅力的すぎる成分についてご紹介します^^

スイカの成分がありがたすぎる!

スイカ食べたとき、その水分の多さからトイレがちかいと感じることはよくありました。

利尿作用が強い果物なんだろうな〜と思っていたのですが、最近よく食べるとお腹がゴロゴロ言うことも結構あって。

なんかいろんな成分が入っているのかも!と気になったのでより詳しくスイカの成分を調べてみたら、想像以上に魅力的な成分が詰まっていたんです。

ってことで私が素敵!と思った成分を成分ごとに説明しますね!

カリウム

まずは有名なこの成分。バナナやきゅうりに多く含む、利尿作用があるカリウム。
ミネラルの1種で、デトックスが期待できとして昔から注目されている成分ですね。

リコピン

リコピンが含まれている代表的なものはトマトですが、実は赤いスイカにも含まれているんです。
体の不調の原因となる活性酸素を抑制してくれる成分です。

グルタチオン

グルタチオンはグルタミン酸、システイン、グリシンが結合した物質で肝臓の解毒作用を高めると言われています。ちなみに活性酸素も抑制してくれるありがたい成分。

最近私もこのグルタチオンのサプリを飲んでいるので(暴飲暴食がすごくて^^;)、スイカにも含まれていたなんてびっくりです・∀・

シトルリン

アミノ酸の1種であるシトルリンは、カリウムの作用と同じように利尿作用が高い成分。
シトルリンが含まれている果物として代表的なのがスイカですね。

システイン

ビタミンCの酸化や破壊を抑制すると期待されている成分。紫外線が気になる夏に積極的に摂りたい成分ですよね。

イノシトール

ビタミンB群に分類されるのがこのイノシトール。
脂肪の流れをよくし、肝臓に脂肪が蓄積されないように頑張ってくれる成分。
ありがたや〜。

相当痛めつけてきたから私の肝臓は脂肪でギットギトな気がする・・・

と、こんな感じにむくみ解消に役立ちそうな成分が入っているのがすごい魅力的なんですよね〜。

SPONSORED LINK

適度にとることでデトックスやむくみ解消に役立つ!?

これは実感している人多いのでは?

スイカって利尿成分のカリウムとシトルリンが含まれているのでとにかくトイレが近い。

余分な水分がスパーーーーーーーーーーっと流れ出ていくように感じてしまのですが、これがデトックスというのですかね。

デトックスがちゃんとできると体内のめぐりがよくなり結果的に代謝UPに繋がります。

なのでスイカがダイエットとして使われている理由はこの優れたデトックス効果が注目されているからなんですね。

スイカはダイエットに使える?

スイカを食べてダイレクトに痩せるとは思わないのですが、太りにくい食材には変わりないかと個人的には思います。

スイカってほとんどが水分みたいな果物じゃないですか。

もちろん糖分はありますがスナック菓子屋そこらのチョコと比べたら低カロリー。

私は最近、普段の食事をとりつつスイカをけっこう食べまくっているのですが(食べ過ぎはNG)体重の変化はないので^^;

置き換えすればもっと痩せていくのでしょうけど。

食べ過ぎるとお腹ゆるむのでほどほどに

先に説明しまたが私はいまスイカに大はまり中でして毎日のように食べています笑

ほとんど水分みたいな果物だからついつい食べ過ぎてしまうんですよね・・・。

でも「あ、ちょっと食べ過ぎちゃったかな」とか思うときまってお腹がゴロゴロ・・。

どの成分がそうさせているのかわかりませんが、食べ過ぎはだめってことなんですね。便も緩むし(;゚д゚)

ただ夏はすごい水分補給にもなるし、積極的には食べ続けたい果物。

食べ過ぎないようにバランスをとりながらスイカと付き合っていきたいですね〜^^

SPONSORED LINK