【衝撃】マスクの中は雑菌だらけ。とりあえずマスクにさよならしない?

SPONSORED LINK

肌寒くなってくると、マスクをする人が増えますよね。

マスクをするのが習慣化して、風邪や花粉症でなくてもとりあえずマスクを着ける、という感じになっていませんか?

でもマスクは、必要なときだけするようにしたほうがよさそうなんです。

びっくり!マスクの中は湿気で菌が増殖しやすいんです。

ほとんどの人が風邪予防ですが、中には伊達マスクをしている人も。

とりあえずマスクをすれば顔半分隠れるから忙しくてメイクする時間がない朝があってもマスクをすれば一安心てこともありますよね。

湿気は菌を繁殖させる

でもマスクには外の菌や汚れがたくさん付着していて、それでいて中は湿気がこもっています。

一見湿気がこもれば肌も潤うんじゃ・・・と思うかもしれませんが

この湿気と吐く息の温度は菌が増殖しやすい環境。かえって菌を吸い込んでしまうことに。

湿気はにきびの原因にも

また、この湿気が皮脂の分泌を促し皮脂が過剰になることで毛穴がつまらせにきびの原因となってしまうんです。

肌荒れ防止のためにマスクをしていたって人はちょっと驚きな事実ですよね。

肌の摩擦が肌荒れの原因に

しかもマスクをする=肌に摩擦が生じるんです。

ほっぺのとことかマスクが触れている部分ですね。ここたまにかゆくなりませんか?

いたらそれはちょっと頻度を控えたほうがいいかもしれません。

マスクの繊維からアレルギー発症してしまう場合も

しかも、マスクそのものにアレルギーを起こしてしまうこともあるんです。

マスク=清潔なものですが、その繊維に含まれているものを長時間吸い込むことによってかえってアレルギー症状を発症してしまうことに。

抗菌剤がアレルギーを引き起こす場合もある

マスクの中には抗菌剤が含まれているものがあります。抗菌剤は、殺菌作用や細菌の繁殖を抑えてくれますが、人によってはこの抗菌剤でアレルギーを起こすこともあるそうです。
出典http://hadalove.jp/

SPONSORED LINK

せめて布のマスクがいいかもしれませんね。

いかがでしたか?

あなたもとりあえずマスクになっていませんでしたか?

風邪予防のためのマスクも大切かもしれませんが、伊達マスクのように、マスクが習慣化してしまうと逆効果になってしまうことも。

マスクはほどほどにして、伊達マスクはさよならしちゃいましょう。

SPONSORED LINK