まだ転職しないの?会社辞めたいときに読みたい本4選!

SPONSORED LINK

転職したい!転職することに決めた!と決心しても

「いつ言おう、、」

「何て言おう、、」

「まわりの目が気になる、、」

「そもそも本当に辞めるべきなのか、、」

などといろいろ考えてしまいますよね。

私も3ヶ月こんなことを考えまくっていた時期がありました。

答えは自分の中で決まっているはずなのに、なかなか一歩踏み出せない。

そんなときに背中を押してくれる、勇気をくれる、そんな本を紹介します。

「転職は罪ではない、。しろ自分にとっては善だ」と思わせてくれる本

転職勇気くれる

未来の働き方を考えよう/ちきりん

やりたいことは、社会的に意義のあることや、周囲が驚くような大きな目標でなくてもかまいません。大事なことは、「それは、誰に評価されなくても、経済的な見返りがほとんどなくても、やりつづけたいと思えるほど好きなことか?」という点だけです。

日本は20前後で社会にでて”自分が好きであろう職業”に就きますが、その年齢で”本当に自分好きな職業”かどうかがわかっている人なんて数少ないんですよね。

働いて初めて「この仕事、本当は好きじゃないかも」とわかることもある。

その場合は無理にそこで働き続けるのはやめて、社会のたまかどうかなんてのも捨て、本当に純粋に自分がやりたいと思える仕事を追い求めたほうがよりよい人生を歩めますよね。

ちょっと今から仕事辞めてくる/北川恵海

60万部を突破したベストセラーで映画にもなりましたね。

客観的に過酷な労働環境で働く人間の心情を見れるので自分はこのまま会社人間でいていいのか?と思わせてくれる本。

「わたしだけじゃないんだ、うんうん、わかる!」

「やっぱこんな職場辞めるべきだ」と思わせてくれる一冊です。

あ、「やりがい」とかいらないんで、とりあえず残業代ください。/日野 瑛太郎

これ本のタイトルからして面白いw

ーー「たかが仕事」でそんなに苦しむのは、アホらしいと思いませんか?ーー

「朝30分遅刻すると鬼のように怒られるのに、夜30分残業してもその残業代は払われない」(事務)
「給料がたくさんもらえれば、仕事のやりがいだって少しは感じられるかもしれない」(事務)
「『定時』はだいたい22時』(SE)
「就活中の学生には、業務時間内にメールを送るように指示されている」(営業)
「同僚が上司から『あいつはよく休む』と評価されていることを知り、自分はもう休めないと思った」(営業)
「ワークライフバランス否定派の先輩が、健康診断にひっかかって顔面蒼白になっていた」(SE)
「OG訪問をしたら、先輩女性社員の肌の荒れ方にびっくりした」(大学生)
「学生時代はほとんど勉強しなかった友人が、就職するなり『早く成長したい』とか言い出して、心配になる』(事務) 出典http://books.rakuten.co.jp/

これ読むと、転職したくなる。

「私だけじゃない。みんなも自分と同じように悩んでてそして転職を迷っているんだ・・」っていうのがわかります。

ほんと、過酷な労働環境で心も体も消耗しているのはもったいないですよね。

※それが本当にやりたい仕事なら話は別です。

SPONSORED LINK

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。/高橋歩

「〜がやりたい!でも無理だよな」とか、やりたいことはあるのに諦めて普通の会社員をしている。

そんな人にはおすすめ。

人生は1度。会社員生活で終わらせて本当にいいのか?と思わせてくれ、背中を押してくれます。

転職を決意しているのに1歩を踏み出せないあなたに背中を押してくれる名言

おおおー。その通りだなって思う、名言を集めてみました。

あなたが退職して、職場からいなくなるとします。
重要な仕事をしていた人物がいなくなれば、職場は成り立たないと思います。
しかし現実では、自分がいなくても、職場はうまくやっていけるでしょう。
あなたがいなくなれば、誰かが代わりをすることになります。出典https://happylifestyle.com/

結局代わりなんていくらでもいるもんです。でないと会社はまわりませんからね。

「自分がいなくなったらこのタスクはどうなるんだ・・」って思っていたら、いつまで経っても辞められません。(私がそうでした)

ともにカラダを壊して、うつ病になるまで我慢することなんてありません。

人間関係に悩んで、働くこと事態がイヤになってしまうこともあるからです。

人間は、1人1人考え方も価値観も違います。

転職して心がラクになれることだって、実はあるのです。出典http://momonestyle.com/

たかが会社の人間関係ごときで精神を狂わされたくありません。

人間関係は、どこの会社も一緒、じゃあありませんよ。それは私も経験しています。

▼自由人で有名な高橋歩さんの名言

必要なのは、勇気ではなく、覚悟。
決めてしまえば、すべては動き始める。

人生楽しんだ奴が最強。

自分は、どうしたいか。
本当は、すべて知っているだろう?

ほんとうは自分がどうしたいか、気付いているんですよね。

でも一歩踏みきれないから、誰かに背中をおしてほしかったり、きっかけを待ってみたり、、。

転職したい

高橋歩さんの発言の数々は、転職を迷う気持ちをバシッと喝を入れてくれる気がしますね。

私の友人は高橋歩さんの本を読んで会社を辞めました。仕事以外の大切なことに気付けたからだと思います。

 人生はどちらかです。勇気をもって挑むか、棒にふるか。

ヘレン・ケラー(米国の教育家、社会福祉活動家、著作家 / 1880~1968)
出典http://meigen-ijin.com/

いかがでしたか?

会社辞めるのってものすごい心労を伴いますよね。

私も何度か経験してますが、かなりのストレスです。

でも、転職を決心したのなら、あとは1歩踏み出すだけ。

そのうち、転職して少し時期が経てば
「そういえばあんなことあったけど、当時は何故あそこまで悩んだんだろうなぁ」
なんて思う日がきますからね。

SPONSORED LINK