>> プチプラ・大人っぽい量産型ファッション通販 <<

ワイドパンツのベタつき対策|綿の裏地付きワイドパンツを買ってみたから快適だった

夏のワイドパンツの汗べた対策

夏場のワイドパンツって汗で体にひっついたりして不快感ありますよね〜;

ってことで、裏地までコットン素材のレーヨンのワイドパンツを購入しました。

結論から言うと、裏地付きだから透けないし、コットンだから汗によるベタつきもない。さらに安い。買って正解でした。

良い買い物したわ〜って感じなので汗でベタつかないワイドパンツを探している人の参考になれば嬉しいです。

SPONSORED LINK

夏物のワンピやチュニック、ワイドパンツの裏地問題

(ちょっと前置き的な話になります)

夏物のワンピースやチュニックの裏地、結構な割合でポリエステル100%なものが多いんですね。

あれ、どうにかなりませんかねぇ!?滝汗

夏にポリエステルの素材の服、汗で肌がベタベタくっ付いて暑苦しくなりますよねぇ。

まぁ値段が安い服であればあるほど、そういった裏地も安い素材になってしまうのは致し方ないことなのですが・・・

そういう化学繊維って速乾性はあるけど、吸水性がないものが多いからどうしても夏の裏地には向かないんですよね〜冬ならいいけど。

化学繊維には化学繊維の良さがあって、例えばシワになりにくいとか、光沢があって素敵な印象になるとか。

なので化学繊維を否定したいわけじゃないんですが、夏場の裏地には向いていないですよね;

夏の汗によるベタつき対策(ワイドパンツを例に)

じゃあどうしたら良いかって言うと、いくつか策がありますよ!!!!!!

対策①:綿などの”吸水性の高い”裏地付きの服を買うようにする

私が今回紹介するのがこれ。はじめっから綿の裏地がついているやつ。

TALATの綿ワイドパンツ黒をレビュー

裏地は綿!!表地はレーヨンという組み合わせ!(レーヨンも自然素材です)

TALATの綿ワイドパンツ黒をレビュー

これ、ちょっと透けているのが裏地。(裏地が見えるように、わざと表地を持ち上げています。)

TALATの綿ワイドパンツ黒をレビュー

かなりワイドなパンツなんで、見た目はスカートっぽい。広げるとパンツっていうのがわかりますね。

TALATの綿ワイドパンツ黒をレビュー

裏地つきだから、透けることもありません。

TALATの綿ワイドパンツ黒をレビュー

揺らすとフワっと広がります。本当、スカートみたい。

TALATの綿ワイドパンツ黒をレビュー

TALATの綿ワイドパンツ黒をレビュー

TALATの綿ワイドパンツ黒をレビュー

こんなに広がる・・笑 でもワイドパンツです♪

TALATの綿ワイドパンツ黒をレビュー

シルエットも素敵。

こちらのTALATというところで買いました ↓ ここ、インド綿など自然素材を使ったゆったり系の服が多くて注目しています。

色違い買いたくなりました笑

対策②:綿のペチコートを使う

裏地を後からボトムス自体につける人もいますが、私のような素人はそんな技、無理!!!w

なので、吸水性の高いペチコートを買って着る。つまり重ねて履く。

ただこれ、真夏だと暑くて厳しいかも。物によってはそう感じるので、大丈夫な人はペチコートおすすめ。

こういった綿素材のものもありますので↓ 夏だと短い丈が良いかな。

透けない素材の吸水性が高い服を買う

最初の「綿などの吸水性の高い裏地付きの服を買うようにする」と似ているのですが、そもそも裏地が必要と思うのは「透けるから」な場合が多いと思います。

透けないけど素材そのものが化学繊維でベタつくからって場合もあると思いますが。

なので、そもそも裏地が必要ないもの、且つ吸水性が高いやつを買ってしまうというもの。

そうなると残るのは吸水性が高いコットンやレーヨンで透けないものを選ぶ。

まとめ

ということで、ワイドパンツのベタつき対策についてお話しさせていただきました。

まぁ、ペチコートは重ね着することになるから夏は暑苦しい事もありますが^^;

もし汗でベタつく感じだったら、上記の対策はおすすめです。